EZOMACHI -えぞまち-

北海道の”おいしい” ”たのしい” ”おもしろい”を見つけるサイト

 MENU

【観光部】道の駅「あいロード厚田」に行ってきました!「恋人の聖地」も要チェックですよ!

「道の駅」は魅力的なスポットがたくさん!

f:id:ezomachi_trip:20191015012013j:plain

 

こんにちは!えぞまち観光部です。なんだか唐突に海が見たくなるときってありませんか?ありますよね?ということで、どこか海沿いの町に…と思い、今回は石狩市厚田区にある道の駅、「あいロード厚田」に行ってみました。地域の特産品を扱っていて、単なる「ドライブの中継地点」に収まらなくなってきている道の駅、さて、あいロード厚田はどのようなスポットなのでしょうか…!

 

 

PR

 

道の駅「あいロード厚田」とは?

f:id:ezomachi_trip:20191015012034j:plain


道の駅「あいロード厚田」は、石狩市厚田区にある道の駅です。国道231号線沿いにある道の駅で、日本海は建物からすぐそば。物販コーナー、十割そば屋さん、ジェラート屋さん、ピザ屋さん、押し寿司屋さん、そして展望デッキも備えているという盛りだくさんな建物です。また、石狩市の歴史を紹介するパネルコーナーもあり、石狩市の歴史、自然、文化を学ぶことができます。

 

 

まずは1階の物販コーナーへ

f:id:ezomachi_trip:20191015012055j:plain
f:id:ezomachi_trip:20191015012104j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015012112j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015012120j:plain


1階の物販コーナーは、石狩市・厚田区・浜益区のお土産品が販売されています。浜益名物の「特大どら焼き」、歴史を感じるパッケージの「佐藤水産の鮭缶」、そして「北海道150年記念カレー」もありました。戊辰戦争、函館戦争、そして北海道と名付けられた歴史に想像を巡らせながら食べてみるのもよいかもしれませんね。物販コーナーの外には地元産のお野菜も販売されていました。どれも大ぶりで大満足の品ばかり。やはり人気なのか、売り切れているものが多くある印象でした!


2階の飲食店コーナーも魅力的

f:id:ezomachi_trip:20191015012442j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015012454j:plain
f:id:ezomachi_trip:20191015012502j:plain


エスカレーターで2階へ上がってすぐに目につくのは飲食店。今回は、バッテラ(押し寿司)を提供している「石狩二三一」さん。「二三一バッテラ」と、「甘だれシャコの押し寿司」とで迷いましたが、今回は「甘だれシャコの押し寿司」をチョイス!購入したら、窓から外が見えるテーブル席へ移動します。開けてみると、ご飯がぎっしり!シャコも食べごたえがあり、甘だれもしっかりと味がついていて絶品ですよ。

 

f:id:ezomachi_trip:20191015012530j:plain


飲食店では他にも、1階にある十割そばのお店「一純」さん、ピザ屋さんの「Bakery&Pizza HOME」さん、「石狩丼」を提供する「地産地消とみき厚田店」さんもあります。また、本格的ジェラート店「Lico Lico厚田」さんも魅力的。変わったフレーバーが楽しめるジェラートが魅力で、今回は「とうもろこし」と「カルピス」のフレーバーをチョイス。とうもろこしは香り豊かに、カルピスはさっぱり爽やかな味わいでした!


2階奥には、石狩市の歴史や文化を伝えるパネル展示も

f:id:ezomachi_trip:20191015012552j:plain

 

f:id:ezomachi_trip:20191015012614j:plain
f:id:ezomachi_trip:20191015012623j:plain


食事が取れるテーブルスペースの奥には、石狩市の歴史や文化を伝えるパネル展示があります。この中には、日本海側を回って物資を輸送・販売していた「北前船」についての解説も読むことができます。


【恋人の聖地】お腹がいっぱいになったら、ちょっと散策に!

f:id:ezomachi_trip:20191015012744j:plain

 

f:id:ezomachi_trip:20191015012755j:plain
f:id:ezomachi_trip:20191015012802j:plain


石狩市の観光情報として、知る人ぞ知る「恋人の聖地」は、この「道の駅あいロード厚田」のすぐそばにあります。建物の裏手から登っていってもよいですし、建物に向かって右手側の遊歩道を歩いていってもたどり着くことができますよ。今回は、建物裏手から登っていくルートで訪れました。石狩市出身の俳人の方々のものでしょうか。石に刻まれた俳句や川柳、詩を両脇に見ながら道路を登っていきます。

 

f:id:ezomachi_trip:20191015013044j:plain

 

徒歩でおよそ10分~15分程度、坂の上に砦のような建物が見えてきます。あれこそが「恋人の聖地」です。

 

f:id:ezomachi_trip:20191015013103j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015013130j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015013143j:plain


坂を登りきると、「恋人の聖地」の正面にたどり着きました。内部に入ると、正面にあった丸いガラスはステンドグラスであったことがわかります。ちなみにこの恋人の聖地は、もともと「厚田公園展望台」と呼ばれていました。その場所が、全国から選出される「プロポーズにふさわしいロマンチックなスポット」として、北海道ではじめて選出された場所なのだとか。建物正面にある鐘は、「誓いの鐘」と呼ばれており、また恋人たちの固い絆を願って、南京錠を取り付けるフェンスなどもありますよ!

 

f:id:ezomachi_trip:20191015013202j:plain


この「恋人の聖地」は展望台となっており、裏手からわずかに階段を登ることができます。

 

f:id:ezomachi_trip:20191015013227j:plain

f:id:ezomachi_trip:20191015013238j:plain


展望台の上に登ると、海岸が一望できます。これだけでも非常に爽やかな気分になれますね。さて、「ロマンチック」というからにはやはり夕日がきれいなのでしょう。この日はまだ日が高かったですが、それでも日本海に沈んでいく太陽は圧巻です!


まとめ

f:id:ezomachi_trip:20191015013258j:plain


道の駅「あいロード厚田」いかがでしょうか?「道の駅」でありながら、十分にドライブや旅行での目的地のひとつとなりそうな充実の設備ですね。海を眺めるもよし、恋人の聖地を目掛けて訪れてみるのもよしですね。もちろん、飲食店も魅力的です。札幌市内中心部からは車でおよそ1時間の道程。おやすみの日にドライブがてらに訪れてみてはいかがでしょうか!

 

PR

 


関連リンク

www.city.ishikari.hokkaido.jp

www.city.ishikari.hokkaido.jp

PR