EZOMACHI -えぞまち-

北海道の”おいしい” ”たのしい” ”おもしろい”を見つけるサイト

 MENU

【観光部】<岩見沢市>『きっと、跳ねらさる。』”岩見沢ねぶた祭り”で跳ねらさってきました!

 

こんにちは、えぞまち観光部です。
おまつり、イベントごとと聞くとつい参加したくなってしまうのですが、情報の仕入れが完全でなく見落としてしまうこともままあります。


今回は、えぞまちの問い合わせフォームから、「岩見沢ねぶた祭り」のイベントの情報をいただいておりました。ありがとうございます!

そのようなわけで、2022年8月27~28日に実施された岩見沢ねぶた祭りに参加してまいりました。(えぞまちは28日訪問いたしました。)

 

●岩見沢ねぶた祭り、『きっと、跳ねらさる。』

 

ねぶた祭りといえば青森県?というイメージがありますが、今回えぞまちが訪れたのは青森県ではなく、北海道岩見沢市です。

岩見沢市でねぶたが運行されることとなった理由は、1990年代に催行されていた「あやめまつり」(現・彩花まつり)でねぶたが運行されていたことに由来するようです。

しかし、2000年には担い手不足でねぶたが姿を消してしまいました。その後、「岩見沢ねぶたプロジェクト実行委員会」が中心となり、みごと岩見沢市のねぶたが復活を果たしたのだとか!

 

詳細はぜひ、以下のクラウドファンディングページをご参照ください。

camp-fire.jp

 

『きっと、跳ねらさる』というサブタイトルは、北海道らしさと楽しげな雰囲気が伝わってきてとてもよいですね!

 

スポンサーリンク

 

 

●ハンドメイド・露天の「まちなか朝市」!

 

広場を囲むように、「まちなか朝市」のお店が出店されています。
えぞまちでは今回、レジンアクセサリーを制作されている「sakura日和」様(@yuremoku21)と、縄文アクセサリーを制作されている「上田創画堂(そうがどう)」様(@sougado_sapporo)様のお店を拝見いたしました!

 

 

 

今回じっくり見られなかったお店についても、今後のイベントでゆっくりお邪魔できたらと思っています!

こちらは上田創画堂(そうがどう)さん

 

こちらはsakura日和さん

 

●魅力的なキッチンカーもたくさん!

 

食べ物・飲み物では、キッチンカーがずらりと出店されていました。
今回のえぞまちでは、クレープやジェラートの「Goo House」様のドリンク、ホットサンドの「Melt & Co.Hokkaido」様(@meltandcoH)の「オリジナルメルト」をいただきました。

 

スポンサーリンク

 

●ステージでは大迫力の発表も!

 

メインステージでは、チアダンスや空手の演舞など、大迫力のパフォーマンスが展開されていました!

●ほかにも…


他にも会場内には、随所に「岩見沢愛」を感じる箇所がありました。

また、以前えぞまちで訪れた「そらフェス」でも展示されていた、「SDGs戦士」の「E-defender(イーディフェンダー)」が描かれた車の展示もありました。

 

 

「SDGs戦士 E-defender(イーディフェンダー)」については、ぜひこちらの記事をご参照ください!

 

www.ezomachi.com

 

こちらは会場内ではありませんが、岩見沢駅には以前にえぞまちで記事にした「炭鉄港」についてのポスターが掲示されていました。

「炭鉄港」については、ぜひこちらの記事をご参照ください!

 

www.ezomachi.com

 

スポンサーリンク

 

 

●15時からはねぶた運行も!



28日の日程では、15時からねぶたの運行がありました。
夜ではなかったため光による演出はありませんでしたが、それでも大迫力の運行でした!

 

※動画数は多くありませんが、えぞまちのYoutubeチャンネルもよろしくお願いいたします!

●おわりに

 

今回は、岩見沢市で催行された「岩見沢ねぶた祭り」にお邪魔しました。

えぞまちでは今後も様々なイベントにお邪魔したいと考えていますので、何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、サイト内フォームよりご連絡をいただけますと幸いです!

 

詳細情報

【名称】:岩見沢ねぶた祭り2022

【住所】:〒068-0034 北海道岩見沢市有明町南 岩見沢駅東市民広場公園

【地図】:

 

【詳細】:https://www.iwamizawa-nebuta.com/

 

 

スポンサーリンク

 

【スポンサーリンク】